1. TOP
  2. 【日本語翻訳】Martin Garrix(マーティンギャリックス)×DJ Mag独占インタビュー

【日本語翻訳】Martin Garrix(マーティンギャリックス)×DJ Mag独占インタビュー

 2016/10/27 DJ Martin Garrix
この記事は約 23 分で読めます。 2,305 Views




世界No.1DJに輝いたのはEDM大国のMartin Garrix(マーティンギャリックス)

 

DJ Magの2016年、世界人気DJランキングで見事に王者に輝いたMartin Garrix(マーティンギャリックス)

 

史上最年少、なんと20歳という若さでNo.1になったことも驚きですが、

音楽に対しての想いも存分に語ってくれて、とても良いインタビューになっています。

 

 

やはり、Martin Garrix(マーティンギャリックス)も、

 

今のEDM(エレクトロニックダンスミュージック)や音楽産業について思うところがあるようですね。

 

それではインタビューに参りましょう。

 

 

Martin Garrix(マーティンギャリックス)×DJ Magインタビュー

martin-garrix

出典djmag.com

 

Do you ever feel trapped by fame?

 

DJ  Mag:

“Do you ever feel trapped by fame?”

名声に追い詰められていませんか?

 

Martin:

“No…But I do feel a great sense of responsibility.

I feel like I can’t do stupid shit. I don’t want to be a bad role model, I don’t want to set a bad example.

That’s very important to me.”

 

いいえ。しかし、責任は感じます。

バカなことはできないし、ダメな見本にはなりたくない。

それが僕にとって、とても重要な事なんだ。

 

 

“It feels unreal to have won,”

まるで夢のようです。

 

 

“I 100% did not expect it at all. I’ve had an amazing year, with awesome shows and amazing fans.

I’m so thankful for their support.

I didn’t even do a campaign, and it just shows how dope the fan-base is.”

 

僕がNo.1になるなんて、100%思ってなかった。

感動的な1年だった。素晴らしいショーと素晴らしいファン。

DJ Magの投票のキャンペーンすらしなかったのに、チームギャリックス、ファンのみんなは本当に最高です。

 

 

TEAM GARRIX

“I never campaigned for the DJ Mag poll because I don’t want it to be like…”

1度でさえDJ Magの投票のキャンペーンをしなかったんだ。だって・・

 

“You know, a presidential candidate thing.

The TV is flooded with stupid campaigns for elections.

it should be organic. It should be a natural win and honestly, I’m so thankful.”

 

大統領選挙のアレ、テレビは選挙のためにバカなキャンペーンを流すでしょ。

本来はオーガニックであるべきだよ。

自然にそして、誠実に勝利する。今回No.1になれたことに本当に感謝しています。

 

 

“Long story short, I’ve had some issues with my previous label,”

簡単に言うと、以前に所属していたレーベルでは少し問題があったんだ。

 

“I just want it all to be about music, and good vibes,”

僕は音楽だけに没頭したかったんだ。

 

 

DJ Mag:

“Isn’t that slightly idealistic, Martin?”

それは理想主義者ではないですか?

 

Martin:

He grins again. “Well, yeah. True.”

うん。たしかにね。

 

“I love the connection with people that being a DJ gives me, I love seeing people happy,”

 

DJという立場が与えてくれる、人と人との繋がりを愛してる。

人が幸せそうにしているのを見ることが大好きなんだ。

 

“It really is the best thing ever, and that’s why I love doing shows.

After my set, I always go down to the front row and take photos with the fans, signing stuff, whatever.

It’s very important to me to meet them and get to know them.”

 

本当にそれが一番幸せなことなんだ。だからショーをするのが好きだし、

いつも一番前の席まで行って、ファンの人たちと写真を撮るし、サインも書く。

ファンの彼らに会うこと、彼らのことを知ることが僕にとってとても大切なことなんだ。

 

POWER OF ONE

“The main reason we’re doing the underage show [at ADE] is because I remember what it was like to be underage — and it’s fucking horrible,”

 

僕らが未成年向けのイベントをやってる一番の理由は、

僕が覚えている中で、以前のそれがクソみたいにヒドイものだったから。

 

 

“It sucks when your favorite artist comes to your city, but you can’t go because you weren’t born on the right date.

 

最悪だよ。大好きなアーティストが街にやってくるのに、未成年という理由だけで行けないんだから。

 

 

The reason I fell in love with electronic music was when I saw Tiesto in 2004 [at the Olympic Games in Athens] and I was underage.

 

僕がエレクトロニックミュージックに恋に落ちたのは2004年、

アテネでTiesto(ティエスト)を見たときです。僕はそのとき未成年だった。

 

 

[The music] had this groove, it was biological, it triggered emotions.

I had goosebumps all over me, and I honestly still feel that way now.”

 

Tiestoの音楽にはGROOVEがあって、言葉で言い表せられないようなくらい凄く感動したよ。

全身に鳥肌が立った。今も同じように鳥肌が立ってる。

 

 

“I went to a school that taught us a lot about the music industry, as well as music production about contracts and the business side of things, how to do interviews, about the media,”

 

音楽業界について、そして楽曲制作についても教えてくれる学校に行って、

音楽についてたくさんのことを学びました。

音楽産業のことだったり、ビジネスの面についてだったり、メディアでのインタビューの受け方だったり、

 

“After Spinnin’ I was like, ‘I’m just going to do my own thing, my own label’, and it’s been crazy how well it has been doing.

I’m expanding the team and we’re very soon going to start releasing music by other acts, not just me,”

 

以前所属していたレーベルのSpinin’を抜けた後、

「自分のやりたいことを全部やるんだ!」なんて思ってて、

そしてクレイジーなくらいにうまくいったんだ。

チームを拡大して、自分の他の人の楽曲も音楽をリリースする予定だよ。

 

 

“Carl and I are doing a documentary together, actually,”

実は今、カールと僕は一緒にドキュメンタリーを制作しています。

 

 

“I love Carl, he has so much positive energy I want to surround myself with people like that.

I have a lot of great role models. Seth is in it [the documentary] too,

I can’t say too much about it yet, but it’s going to be dope.”

 

カールのことが好きだ。

彼はもの凄いポジティブなエネルギーを持っていて、僕のそんな風に周りに振る舞いたいと思ってる。

彼の他にも素晴らしい手本となってくれる人がたくさんいます。

セスもそうです。今は多くのことは言えないけど、最高になるよ。

 

 

“What I hate right now is that there is so much music out there that is just a copy of something else,”

 

僕が今、一番嫌いなことは、何かのコピーであるような音楽がそこら中にあること。

 

 

“I hate when everything sounds the same, that’s why I did ‘In The Name Of Love’  because I wanted to try something different.

There’s so much music out there in this whole EDM thing that sounds so similar. I want to make my label more diverse.”

 

すべての音楽が同じサウンドを奏でていることが大っ嫌いだ。

だから’In The Name Of Love’をリリースしたんだ。何か違うことにチャレンジしたかったからね。

EDM業界の音楽サウンドはどれもこれも似通っていて、僕のレーベルでは違うものを作りたいと思ってる。

 

 

“I have so much music, in my head, on my computer, but I can only release a song maybe once every one-and-a-half months or so,”

 

アタマの中にはとてもたくさんの曲のアイディアがある。

だけど、1ヶ月か1ヶ月半に1曲くらいしかリリースできないんだ。

 

STUDIO VS. SHOW

DJ Mag:

“Okay, so what about an alias?”

わかりました。それでは別名義の活動についてはどうですか?

 

“Actually, I already have a couple — I can play you one later. But I also have a hip-hop alias .

that’s blowing up right now, and people don’t know it’s me.

I mean, I think some people suspect because of the way it’s been produced, but it’s really exciting.”

 

実はすでにエイリアスが2つあります。

HIPHOPでのエイリアスもあって、みんなはそれが僕だってことをまだ知らないんだ。

でもみんな不思議がってると思う。けどめちゃめちゃ楽しいよ。

 

 

“There’s lots of new music still to come this year — but I’m not sure if I want to do it as an album exactly,”

 

新しい曲はたくさんあるんだけど、アルバムとして出したいのかどうかはまだわからない。

 

 

“There’s eight or nine club songs which I’ve been touring all summer, so I might release them.

Then there’s the studio album to come, too, which might be more in the direction of experimenting with new sounds.

I guess more in the direction of ‘In The Name Of Love’.

So yeah, that’s out hopefully early next year.

But as I mentioned, I have a lot of high energy, Martin Garrix-style club songs being released very soon.”

 

8曲か9曲くらい、夏のツアーで流したクラブソングがあるんだけど、それをリリースするかもしれない。

それとスタジオアルバムをリリースします。

そっちのほうは、もっと実験的な新しいサウンドが入ったものになると思ってます。

‘In The Name Of Love’に近い感じかな。2017年の始めに出せたらいいかな。

マーティンギャリックススタイルのクラブソングを近い将来リリースしていきます。

 

THE MARTIN GARRIX SHOW

Martin:

“What’s cool about the Ibiza residency is that it’s a real show, it’s not only about the music,”

イビサの何がクールかって言うと、リアルなショーなんだ。ただの音楽、なだけじゃないだ。

 

“We actually film the whole thing every week, the full two hours of footage, from the front of house.

Afterwards, we go through every single moment, we watch it back and brainstorm on how it can be better.

That’s a lot of fun for me, I like building on it each week.”

 

僕らは毎週ショーを撮影して、その全部に目を通します。

それを見て、意見を出し合って、よりよいものにしていく、

それが最高に楽しいんです。

 

 

“I love Ibiza — it’s a great place to chill for me,” he tell us.

イビサが大好きです。くつろぐのに最高の場所ですね。

 

 

DJ Mag:

“So, you’re saying there’s no wild nights out in the Garrix camp, then?”

夜に遊びに行くことはないんですか?

 

 

Martin:

“Well of course, I do that sometimes!”

ときどき行きますよ。

 

 

“I go out with a hoodie on with my three closest friends when we’re in Amsterdam.

I can kind-of do what I want when I’m there, it’s not a fame town like LA or New York.

They really let me live there,”

 

アムステルダムにいる時は、フード付きのパーカを着て、3人の親友と一緒に行きます。

アムステルダムは、LAやNew Yorkみたいな街じゃないので、なんでもできるし、

本当に居心地が良いです。

 

 

“When I’m at home in Amsterdam, I’m in the studio, I’m in my happy place.

For me, it’s about balance. Then I go to my parents house that’s ten minutes from where I live and have dinner with my family.

Or my friends come over to my place and I play them things that I’ve been working on, and they say,

‘That’s great Martin’, or ‘That’s shit Martin’,”

 

アムステルダムの自宅にいる時はスタジオにいます。幸せになれる場所です。

僕にとってはバランスが大切です。

僕の両親が住んでいるところは、僕の自宅から10分程度なので、家族と一緒に夕食を食べますね。

もしくは、友達に来てもらって、僕が制作している楽曲をプレイして、

彼らは「これは最高だマーティン!」「これはクソだなマーティン!」なんて言います。

 

 

“It keeps me grounded.”

そういったことが僕を保っていてくれるんです。

 

 

“I’m basically just going to produce what I want to produce.

Whatever I feel like making, really. Keep going on feeling, really.”

 

僕は基本的に、僕がプロデュースしたいものをプロデュースします。

感じたものをそのままね。

 

 

DJ Mag:

“Do you think that might be a risk, commercially at least?”

ビジネスとして考えた時にそれはリスクだと思いますか?

 

 

Martin:

“Maybe,” he replies. “But it’s definitely one I’m willing to take.”

たぶんそうですね。

だけど、僕は自分から進んでリスクを取りにいきたいです。

 

 

Martin Garrix(マーティンギャリックス)とは?

martin-garrix_0_0

出典djmag.com

 

 

DJ style: “Energetic.”

DJスタイル:エネルギッシュ

 

Best known for: “Being a happy dude.”

どう思われてる?:ハッピーガイ

 

What’s the next new big track? “Daft Punk & The Weeknd ‘Starboy’.”

次のヒット曲は?:Daft Punk & The Weeknd ‘Starboy

 

Breakthrough producer: “Justin Mylo.”

新しい音楽プロデューサー:ジャスティン・マイロ

 

 

What have been the new frontiers for you this year?

今年を振り返ってみてどうですか?

“This year had so many great moments.

But closing the Ultra Music Festival main stage in Miami was one of the most epic ones in my career!”

今年は素晴らしい出来事がたくさんありすぎました。

その中でも、ウルトラマイアミでのDJが、僕のキャリアで偉大な出来事でした。

 

 

Is electronic music taken seriously enough as an art-form?

エレクトロニックミュージックは芸術文化として十分な認識をされていますか?

“It definitely should be, that’s for sure.

はい、もちろんです。

 

I think the negative press around dance music culture can make people outside the scene see it as less important than it really is.

they’ve already formed an opinion about electronic music without experiencing it.

 

ダンスミュージックカルチャーのネガティブなイメージによって

クラブシーンの外の人たちは本質よりも重要でないと思ってしまうと思う。

リアルな体験をしないで、彼らはすでにエレクトロミュージックについて意見を持ってしまっています。

 

That’s dangerous, but I think it’s slowly changing — dance music is dominating the charts right now!”

 

危険なことだけど、今、ゆっくりと変わっていっています。

ダンスミュージックは今チャートを独占していますからね。

 

 

What’s the best new bit of DJ/production technology, and why?

最近のDJでベストは誰ですか?また最新のテクノロジーでは?そして理由は?

“Well, I’ve always loved Serum.

I’m not sure if that came out this year but it’s a great plug-in.

And of course, I love the new FL Studio!”

 

うーん、そうですね。僕はいつもSerum(セラム)が好きですね。

あと、今年出るかわからないけど、良いプラグイン。

そしてもちろん新しいFLスタジオは大好きです。

 

 

If you had to switch your style to another genre, what would it be?

もし今のDJスタイルを変えないといけないとなったら、何にしますか?

“Tech-house.”

テックハウスです。

 

 

What can be done to prevent drug-related deaths at dance music events?

ダンスミュージックイベントで、ドラッグによる死を防ぐにはどうすればいいと思いますか?

“Education and testing.

You can ban drug-use but I’d rather have it controlled and tested to make sure people are raving safely.

 

教育とテストが必要だと思います。ドラッグを禁止にすることはできます。

だけど僕はドラッグをうまくコントロールして、みんなが安全に楽しめるようにするべきだと思います。

 

 

If you can prevent drug deaths, why wouldn’t you?

ドラッグによる死を防ぐことができるのなら、なぜそうしないと思いますか?

I don’t take drugs myself but I’m not against it as long as people stay safe and look out for each other.”

僕はドラックは使いませんが、みんなが安全で、お互いに注意し合えるならドラッグの使用には賛成です。

 

 

最後に

 

昨年No.1だったDimitory Vegas & Like Mikeは、

1位になるために金で票を買った、と業界で話題になっていましたが、

 

今回、Martin Garrix(マーティンギャリックス)は投票キャンペーンも一切行わずに

純粋な人気投票によって1位を獲得したみたいですね!!

他のDJにも祝福されて、ファンサービスも素晴らしいマーティンは愛されるDJだなと感じます!!

 

Martin Garrix(マーティンギャリックス)もDeadmau5(デッドマウス)と同じように、

今のダンスミュージック業界の似たような音楽にうんざりしているような印象を受けました。

 

シーンでのドラッグ使用についても言及していましたが、

マーティンの母国オランダではマリファナであれば合法ですし、

ドラッグについての考え方も日本に比べると柔軟な考えを持っているように感じました。

 

出典https://djmag.com/top-100-djs/poll-2016-martin-garrix




\ SNSでシェアしよう! /

o2mediaの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

o2mediaの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

o2media

o2media

o2mediaというDJ、クラブ、音楽、ストリートシーンの情報を発信する総合メディアサイトです。海外の最新ストリートファッションや、DJ情報、おすすめの音楽など、ストリートってカッコいいんだぜ!DJってカッコいいんだぜ!をなるべくわかりやすくまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヒップホップMCカニエ・ウエストが着用する注目ストリートファッションブランド16選

  • 日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.5

  • 日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.4

  • 日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.3

関連記事

  • DJブースにパソコン持ち込み禁止!?補助輪付きDJは帰れ!!あるクラブで波乱

  • WMF2016出演決定!!カナディアン兄弟ユニットDVBBS(ダブズ)のTSUNAMI級EDM

  • 各国No.1DJの中からAvicii(アヴィーチー)が共演者に指名したのが日本人DJ YAMATOだった理由

  • EDMの次はトロピカルハウスがキテる!!シーンを牽引する男Kygo(カイゴ)とは?

  • Avicii(アヴィーチー)の幼なじみOtto Knows(オットノウズ)のベールがついに明かされる!!

  • 映画「WE ARE YOUR FRIENDS」に出演!EDM界の貴公子Alesso(アレッソ)とは?