1. TOP
  2. DJ講座
  3. 日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.4

日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.4

 2017/07/25 DJ講座 インタビュー
この記事は約 5 分で読めます。 2,221 Views
DJスクール東京

東京で感じた「絶望」

道なき道を歩き、常に挑戦者であり続けること。

自分の使命は何か問いかけ、日本全国、世界へ向けてDJスクールを広げるべく奔走する

 

日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.4

 

3faithsdjスクール東京

日本一のDJスクールがプロデュースしたⅢ FAITHSオンラインDJスクールはこちら→

https://goo.gl/Ex1tJ6

 

 

第4章 東京で感じた絶望そして使命

 

 

o2media以下o2)スクール卒業生が1,000名を超え、2017年の10月で開校8年目を迎えるⅢ FAITHS DJ SCHOOLですが、

今後の目標や、ビジョンがあれば教えて下さい。

 

神山清豪以下K)今、DJスクールのフランチャイズを日本全国、海外にも広げています。

じゃあ、これはなんのために広げているかというと、やっぱり日本の音楽シーンは世界では通用しないんですよ。

それを東京だけでやったとしてもタイムラグがありますね。

 

僕が鳥取から東京に出て、東京に慣れてきて、27歳で海外に出る。

これでは遅すぎますね。

このタイムラグを完全に無くす必要があります。

 

だから、海外に出て世界に通用するアーティストになりたかったら地方から直接海外へ出るべきですよ。

僕が、東京でDJを始めて感じたことは「絶望」でした。

ここには何もないな、と。





だから海外に出ました。

このタイムラグって非常にもったいないので、僕は、地方から世界へ!

こういう方向性、流れを作っていきたいですね。

 

 

o2)最初から世界標準を目指して、世界で戦える人材を育てていくということですね。

 

K)若ければ若いほど、可能性がありますからね。

それがやっぱり、東京に来たらいろいろな誘惑もありますし、いろいろな世界を見れる代わりに、東京では迷うことがありますよね。

それだと世界では通用しないですよね。

20代前半で、世界の音楽シーンの楽曲を作ってる人がいっぱいいる時代なわけですから。

それが、日本人がなかなか世界で活躍できない理由なんじゃないかなって思いますね。

 

 

02)世界のトップDJランキングなんて20代前半の人ばかりですもんね。

 

K)僕のDJスクールが日本一でありつづけて、地方でもDJスクールの展開ができたら、そこが情報発信地になりますよね。

で、僕もその地方に行って、そこで会った人たちに今の日本に足りないことは、こういうことなんだ、っていうことを直接、伝えていって、

その影響を受けた人達は、僕が作ってる海外のパイプに乗ることができますから、

その人たちは東京に行かなくても、地方から新しいものを見ることができるようになります。

 

実は僕も、東京でのDJはもう辞めたんです。わざとね。

それはなんでかっていうと、同じスクールの卒業生が1,000名以上もいるわけじゃないですか。

それを彼らと同線上で頑張ったところで、彼らのチャンスを潰してしまいますから。

僕はじゃあ、何をしないといけないかっていったら、僕の原点は、自分はいつも挑戦者で、道しるべを示さないといけない。

だから僕は海外でDJすることが、僕の残されたDJ活動だと悟ったんです。

 

その道を、次に新しく出てくる人たちだったり、僕のDJスクールの卒業生だったりが通っていけるわけなので、

そこは、僕が最後までこだわらないといけないことだと思うんですよね。やっぱり。

僕が作った道を通れば、必ず僕を超えることができるので、その中で世界に通用するアーティストが絶対に生まれますね。

 

 

o2)その第一歩が、地方でのDJスクールのフランチャイズ展開と、セブ島のDJ留学や海外DJ留学ですね?

 

K)そうですね。

そのほかにも僕の周りにたくさん海外でのDJ出演依頼の話は来てるんですよ。やっぱり、日本人の可能性ってすごいあると思いますよ。

でも、それを生かせない理由、掴めない理由は、日本人は国際感覚がないからだと思いますね。

 

英語が話せないし、

やっぱり英語が話せるということだけでDJはできるんですよ。

コミュニケーション能力も弱いですけど、一番に英語ができないことによる世界の狭さっていうのはデカイですね。(大きな障害ですね)

 

 

o2)日本人の英語能力の低さがクラブ業界でもネックになっているということなんですね。

 

K)そうですね。最近、海外でDJしてて思うのは、

海外のクラブで曲をかけるじゃないですか。

DJしながら、その曲を歌えることだったり、コミュニケーションが英語で取れるってことだけで、もっと盛り上がるだろうなっていう、

そういうのは感じますね。

 

やっぱり、意味をわかってDJするのと、意味が分からずにDJしてるのでは全然違うだろうなって思います。





3faithsdjスクール東京

日本一のDJスクールがプロデュースしたⅢ FAITHSオンラインDJスクールはこちら→

https://goo.gl/Ex1tJ6

 

 

Vol.5はこちらから

日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.5

日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューvol.5

\ SNSでシェアしよう! /

o2mediaの注目記事を受け取ろう

DJスクール東京

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

o2mediaの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

o2media

o2media

o2mediaというDJ、クラブ、音楽、ストリートシーンの情報を発信する総合メディアサイトです。海外の最新ストリートファッションや、DJ情報、おすすめの音楽など、ストリートってカッコいいんだぜ!DJってカッコいいんだぜ!をなるべくわかりやすくまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【世界200着限定】Kid Ink(キッドインク)直筆サイン入りAlumni(アラムナイ)リミテッドベースボールシャツ

  • ヒップホップMCカニエ・ウエストが着用する注目ストリートファッションブランド16選

  • 日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.5

  • 日本一のDJ輩出実績を誇るDJスクール【Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL】代表神山清豪独占インタビューVol.4

関連記事

  • 黒人ゲイカルチャーによって生まれたシカゴハウスの歴史ロックを愛すディスコへの復讐

  • すべての音楽ジャンルを網羅し相関図にまとめた「Every Noise at Once」がスゴイっ!!

  • 【世界初】手のひらにクラブを!!ポータブルDJシステム「GODJ」はこうやって世界を変えた!!

  • スタジオを持ちたい人必見!!クラブDJからスタジオオーナーとなったデルモンテ氏にインタビュー

  • 【0からの初心者向けDJ講座】クラブDJになるには?DJの基礎と始め方入門①【DJとは?】

  • DJってスクラッチしないんです・・・じゃあ何してるの?初心者向けDJ解説と始め方